経営者の方、あるいは今から起業される方の中にはホームページを作成し運営を行い、ネットからの集客に結び付けたいと考えている人がいるでしょう。ここで問題になるのが「ホームページの運営方法が解らない……」そう感じている方に広島在住のWeb制作クリエイターからの提案です。

未来を向いたビジネスを始めるならウェブの力を利用すべきだと感じていませんか? SNSやツイッターなど情報を発信する方法は有りますが、ご自身のベース(ウェブ上の基地)となるホームページを用意する必要は有ると考えていませんか?

さてホームページを作成するメリットとデメリット、リスクとリターンにはどのような種類があるのかご存知ですか? あるいは、あなたの得意な分野がネット上でどの程度の潜在需要があり、利益ははいくら見込めるのか、見積もることができますか?

多くの起業家がホームページの作成を考える時に悩む問題です。言い換えると「分からない事が分らない」状況だと思いますので、初心者にも理解できるように、この場で説明したいと思います。最初はリスクから説明しますが、この内容は限りなく詐欺に近いと言えます。

ある中小企業の社長さんが「ホームページを作れば売上が増える」と考え「大手企業なら安心だろう」という理由だけで有名なA企業に依頼しました。早速営業マンが二人、連れ添って来社、すぐに売り込みが始まります。

経験者ならわかると思いますが「営業マン」は売上を上げることに必死です。ベース以外のオプションを色々と説明しながら勧めてきます。それらのオプションの中には本当に役立つアイテムもありますが価値のないものもあります。

ここで「解らない事が分らない」社長は費用だけが気になり結局は総額で1,000,000円の契約を結びます。中小企業から見て1,000,000円の出費はかなりの覚悟が必要だったでしょう。一方、大手企業から見たら「大した客ではない」ぐらいに思われているかも知れません。

さて、1,000,000円の経費を払って作ったホームページがどの程度の売上(利益)を上げたのか? 答えはゼロ円です。0円です。しかもさすがにゼロ円だと1,000,000円をドブに捨てたのと同じですから追加のオプションをお願いし何とか売り上げに結び付けたい様子です。

せっかくですのでもう一つリスクに関係する事実を載せてみましょう。2017年4月6日付の「東洋経済オンライン」に載っていた記事ですが「ゴルフレッスンプロ、1000人超が破産の危機」という見出しでした。内容は結構悲惨です。

「無料でホームページを作成します。公開後の管理や運営もすべてやります」という勧誘を受けて実際にホームページを作成した人がいるらしい。もちろんホームページは無事に出来上がるのだが、その直後の契約で「ソフトを買う形にしてほしい」と言い出したらしい。

金額は「592万円」当然、素直に契約する人はいないが「ホームページに載せる広告を取ってくる」と説明をし「取れない時は自社の広告を載せる」と説得を始めたらしい。確かに592万円の契約は怖いが「ネット上では広告収入を得ている人がいるらしい」と考えたのかも知れませんね。

結局、その契約を結ぶ人がいたが実際に広告収入を得ることは出来ずクレジット契約をした592万円を自腹で始末する必要が出たという記事です。無料で自前のウェブサイトが持てて、さらには広告収入が期待できる…そんな話を信じる人は実際に存在します。……続きを読む。

シンプルなウェブスタートのプラン

シンプルなウェブスタートのプランのイメージ

こちらよりプランをご提案します。

お問い合わせより制作への流れ

お問い合わせより制作への流れのイメージ

具体的な制作のフローです。

ホームページを自分で作成する方法

ホームページを自分で作成する方法のイメージ

自分で作成したい方へ、おすすめの方法を調べてみました。

失敗例に続いては成功した企業(人)という意味で例を挙げてみましょう。まずは楽天です。楽天も創業当時から今のような大企業ではなく「三木谷 浩史(みきたにひろし)」さんがアメリカでネットに関するビジネスの勉強をし、日本に帰ってから起業しました。

当初、楽天の方針に賛同する企業は皆無に近い状況でしたが、その後ウェブの発展とともに大きく成長した企業と言えます。決して野球チームを持っていたから大きくなったわけではなく儲かったからプロの野球チームを所有しているのです。

もう一社成功した例を挙げてみましょう、価格ドットコムさんです。こちらの企業は検索エンジンの特性を活用して大きくなった企業と言えます。収入源は広告費です。自社ホームページに各メーカーの商品を記載し訪れたエンドユーザーに紹介するという手法です。

この企業が利用した検索エンジンの特性とはエンドユーザーが「○○の価格」と検索することにヒントを得ています。誰でも買い物をする際には価格を調べます。もちろん実際の店頭で確認する人もいますがネット社会が発展すると同時に検索エンジンでも価格を調べる人が増えました。

それらの流れを踏まえて社名を「価格ドットコム」と(個人的推測です)したのです。当時は社名を優先する傾向が強く、価格と検索すれば価格ドットコムさんのコンテンツが優先されて表示される傾向がありました。それらの流れが定着し、今の大企業に成長しました。

個人的に私の成功例と失敗例も挙げておきます。私はアフィリエイター出身です。アフィリエイターとは自分のホームページを運営し管理を行い、来訪された方に対して、様々な手段で商品を案内し広告費を稼ぐ人を指します。メインにしていたサイトは「誕生日プレゼント」です。

元々ウェブの世界に参入したのは2004年10月でした。この頃は検索エンジンを攻略することが一種のブームになっていて私も攻略に成功した人の一人です。実際に広告費が発生したのは18か月後の2006年4月でした。2013年頃までは大きく稼がせて頂きました。

総額ははっきりと計算していませんが20,000,000円は超えていると思います。本業も続けていました(病気で休職した期間を除く)ので本業+副業としての収入です。毎週末になれば友人知人を連れてキャバクラ通い、おいしい思いを続けていました。

ところが2012年に検索エンジンのシステムが変わります「パンダアップデート」とか「ペンギンアップデート」などと呼ばれていますが、検索順位を決める要素が大きく変わったのです。それまでの手法では駄目という意味ですね。

つまり私の失敗体験は「検索エンジンからの集客だけに頼っていた」という点と「メインのサイトを一つだけに絞っていた」という点です。そして最大の失敗は「有頂天になって努力を続けていなかった」という3点に絞られると思います。

あれから数年、検索エンジンの攻略法を自分なりに研究しましたが、実現できていません。そして気づきました。集客は広告費を使えば可能です。攻略できるかどうかわからな検索エンジン対策よりも広告費を払って集客した方がてっとり早いですね。

さらにこれまでの成功体験と失敗体験を生かしたビジネスが展開できる。なぜこんな簡単なことに今まで気づかなかったのか? この点はもう過去の話です、集客はPPCで行い、私はエンドユーザーに喜ばれる製品を作ることに集中します。

売れるホームページの条件は二つ

インターネットを利用して、お客様を惹きつけ、商品や自分の作った作品などをひとつでも多く販売したい。ホームページ作成・運営は明確な意図を持ち展開するべきです。その意思に基づきホームページを作成すればおのずと答えが見えてくるでしょう。

そのサイトから定期的に売り上げが発生するのなら、その後は日々丁寧に更新を続ける、定期的な企画を考える等、一定の努力は必要としてもそれ以外はサイトの維持費だけで自動的にサイトが営業になって販売を促進してくれます。

ホームページとはコスパに優れた営業ツールと言えるでしょう。ホームページを一から作成したり運営したりするのは、最初は素人だから何も出来ないと感じていらっしゃると思いますが、少し仕組みがわかってしまえば完全に不可能というわけではありません。

現状のウェブサイトはパソコンで見れると同時にスマホで見れるというのが重要なポイントになっているので、全てを理解しようと思うと結構時間もかかるのですが、基本だけ理解できればあとは無料のテンプレート等利用できるものを使えばよいだけの話です。

このような手法をとればどの方でもホームページを作成する事が可能です。しかし、全くの知識のない状態で始めたとすると、どうにもならない、乗り越えられない壁が2種類ほど判明してきます。それらは次の通りです。

乗り越えられない壁の一つ目 画像処理

ホームページのテンプレートなどを使用して、デザインの美しいサイトにいざ自分の会社の写真やオリジナルの画像をあてはめていくわけですが美しいサイトのデザイン性の80%が画像の処理にかかっているといっても過言ではありません。

あてはめてみた写真のサイズや文字の大きさのバランスがおかしくて全体のデザインそのものが成り立たなかったり、商品の魅力が全く伝わらないといったサイトになってしまいます。

画像処理に関しては基本知識だけあっても、ある程度の実務で通用するレベルの経験がなければ難しいものです。画像処理が出来なくて、ホームページが会社や、商品の受け渡しをきちんとできるホームページに見えない素人っぽい見た目になってしまうというのが、ぶち当たる壁の一つ目になります。

乗り越えられない壁の二つ目 文章

ホームページをせっかく苦労して作っても、ヤフーやグーグルで検索されたページに乗らなければ、誰も見に来てはくれない、これはホームページを開設して次に当たる壁だと思います。

ヤフーやグーグルの検索エンジンは現在では星の数ほどあるホームページに記載されている文章を全てインデックスして、検索した人に有意義であるというサイトを機械的に判別して、検索結果として吐き出します。

検索エンジンに自分のサイトが良いサイトであると認識してもらうためには、サイトに記事としてあげる文章が一番の武器となります。検索されたい言葉を研究して、効果的に文章に織り交ぜながら読者にとって、面白くてためになる文章の書かれた記事をたくさんホームページにアップするという事が重要になります。


以上2点の要素をきちんと押さえたホームページ作成が売れるホームページへの第一歩になると思います。ホームページ作成などの検索文字でちょっと調べるだけで、格安!や無料!といった言葉とともにホームページ作成ができるサイトはたくさんみつかると思います。

でも頑張って作成してみても、どうしても見た目が素人っぽい感じが拭えなかったり、会社名で検索してもまったく検索結果に出てこないサイトになったり、ちょっと便利な機能を付けたいと思ってもそのサイトの仕様のため不可能であったり、時間だけ浪費して結果は中途半端で終わるという事態にもなりかねません。

広島でWeb制作の拓夢書房では、お客様の予算に合わせたホームページ作成からリニューアル、もしくは現在お持ちのホームページをどのように利益に結びつけていくのかのご提案などなんでもご相談に乗ります。詳しくはこちらのお問い合わせよりどんなことでもご相談ください。お問い合わせページ

業者に頼まず個人でホームページを作成する方法

もしもあなたがホームページの作成を業者に依頼せず、個人で勉強を続けてホームページを持ちたいと考えたなら、非常に長い時間ががかかることを覚悟する必要が有ります。初期のウェブならばごく簡単な知識があれば製作できましたが、今は非常に複雑です。

時間が惜しいと考えるなら自分で作成しようと思わずに、専門業者に頼む方法をお勧めします。この点を踏まえて個人で製作を始めるのであれば、まずあなたは何をしなければいけないのでしょう? 最初の1歩はこんな感じになります。

1.ドメインとサーバー

ホームページを作りたいと思ったら、一番最初に必要なのがドメインとサーバーです。サーバーはホームページとして公開したい内容が入っているお家のような場所で、ドメインはそのお家の住所もしくは表札と思ってもらうといいと思います。

ホームページ作成には必ず必要で、お家と表札さえ準備してしまえば、誰にでもすぐに自分のことを知ってもらえるホームページが開設できてしまいます。

ドメインを取得して自分のホームページに表札をつくろう。

インターネットの世界ではたくさんの情報が公開されています。ヤフーにアクセスしたいと思ったら、まずヤフーって検索して、検索結果を押せばヤフーのページにいけると思いますよね。でも本当は検索してリンクを押したとき、ヤフーの住所にアクセスしています。こちらの画像のこの部分です。

%e3%83%89%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

ドメインの名前は形的に、希望のお名前.〇〇〇となります。よく聞く有名なところは.jpあるいは.com等でしょう。ところが現状のインターネットは世界規模で多くの住所が登録されていて希望する名前が取得できる可能性が低くなっています。

なるだけシンプルな住所がいいなと思って個人名.jpとか会社名.comってつけたいと思っても、その目的が住所なだけに思った名前はもう付けられてしまって、取得できないことが多いです。

そんな問題を解決するために、.netとか.bizとか.xyzなどまだ人が取得していないドメインをとるのがお勧めです。.〇〇〇の種類によって契約のお値段も変わってきます。一番最初に手続き料金がかかりますが、一度取得してしまえば、1年間の契約で1万円以下での継続が可能です。2年目からは継続料金のみになります。

ご相談いただければあなたのつけたいお名前でどのドメインで契約するのが最適なのか、ご提案することも可能です。

サーバーを契約してホームページの家を建てよう

ドメインが取得出来たら次はご自分のホームページの家になるサーバーをレンタルします。サーバーはアパートやマンションを借りるみたいにサーバーサービスの会社でレンタルしてもいいし、一軒家を構えるみたいに自分の手持ちのパソコンをサーバーにしても大丈夫です。

ただ手持ちのパソコンをサーバーにするのは、かなり手間がかかるのと、セキュリティを維持していくのも全部自分でしないといけないので、気軽に金額やサービスなどが気に入ったサーバーと契約するのが、一番いいと思います。

レンタルサーバーも無料のところからかなり無理はきくけど結構割高なところなどいろいろあるのですが、いろいろなレンタルサーバーを比較検討してみても、やはり無料のところはちょっとしたやりたい事もできなかったり、突然消失してしまったり、かなりリスキーだと感じました。

その一方で、そこそこなお値段なのに結構自由にやりたいことが実現出来たり、無闇に割高なサーバーと契約し続ける必要もなくて良質なサービスの場所もあるなと思っています。サーバーも1年単位くらいの契約が基本となります。

サーバーと契約して、お家ができたら先ほど取得したドメインで表札をかけて、あなたのホームページを公開する最初の準備が整いました。

ご相談いただければあなたのご希望の料金範囲内で長く使い続けることが可能なサーバーを、ご提案することも可能です。

2.ホームページ本体を作る方法

ホームページのお家が出来たので、早速あなたのホームページをたくさんの人に見て頂きたいですね。ホームページを作るためには大きく分けて3つの方法があると思います。まず一つ目に自分でHTMLを勉強してホームページを作ることが出来ます。

HTMLとは、Webページを作る時に使われる、最も基本的なマークアップ言語って言われています。今はすごくたくさんの書籍やウェブでHTMLを学ぶ方法が出ていて、多少言語を嗜まれてる方など割と簡単に習得できる部類に入るのではと思います。

HTMLがサイトの構造を記載する文章で、それにデザインをつけるCSSが基本のセットになります。さらに付け加えるとすれば、昨今はレスポンシブル対応が基本となるためjavascriptというプログラムの勉強もちょっと齧っておくと、すんなり理解がはやいのかなと思います。

二つ目にアプリケーションを使ったりウェブサービスを利用してホームページを作ることができます。アプリケーションで有名なものはホームページビルダーがあると思います。

特別な言語の知識がなくても、テンプレートを土台に感覚的に操作することが可能なので、勉強に費やす時間をショートカットしてすぐにサイト作成に取り組むことも可能です。ホームページビルダー以外にも同じようなコンセプトのソフトはいくつか存在します。

難点といえば、見た目はとりあえず辻褄があっていても、中身に書かれたコードに整合性がなかったり強引な部分が出来てしまって、SEOなどに弱点が出来てしまうと言うところでしょうか。

ソースコードを直に書いている立場から見させていただくと、ちょっとどうだろうと思う部分はあるのですが、ホームページの勉強を1から始めて習得するには相当な時間と、これが勉強したいっていう熱意がものすごく必要になりますので、とにかく自分でホームページを自作ならこれでいいのかなって思います。

さらに無料のウェブサービスを使って同じようにかなり簡単にホームページを作成することは可能です。有名なところでwixとか、他にもサービスを提供しているサイトがあります。ここらへんも用意されたテンプレートを選んで自分の準備した写真や文章をアップロードして作成することが可能です。

実際使用して思った感想としては、用意されたテンプレートは素敵に見えるのにいざ自分が写真をいれてみたり文章をいれてみると思ったより見栄えがよくなかったり、細かいカスタマイズがまるで効かないのであともう少しだけ文字の行間を空けたいとか欲求不満がちょっとずつ溜まってしまうかなと思いました。それでも無料というところを考えると、よくできているサービスだと思います。

三つ目に無料CMSのサービスを使ってホームページを作ることが出来ます。

やり方としては先ほど書いた無料のウェブサービスと近い感じになります。無料CMSで最も実績と世界的にも使われているのがワードプレスだと思います。ワードプレスは私も10年以上前から使用し続けているのですが、安定した品質とサービスを常に無料で提供してくれる、優良な運営体制って思います。

CMSってちゃんとした意味的にはデジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称なんだそうですが、なんとなくの区分けなら、ソースコードが読めなくても自分で既存の無料ブログみたいに自分のサイトに記事をどんどん追加できるってイメージで理解していて大丈夫だと思います。
ワードプレスはフリーで使えるテンプレートも本当にたくさん選べるし、追加の機能を付けたいときもやはり無料のプラグインでカスタマイズできる選択肢が広いってところが魅力的だと思います。

ただまったくソースコードやcssを読めない場合は先ほどと同じくちょっとしたデザインの変更などができない等やはり問題点はでるし、同じような意味でphpがわからないと簡単にやりたいことが実現できないって歯がゆい感じはあると思います。それとワードプレスはデータベースを使用するので、最初のインストールやその後の管理でちょっと難しいなって思う部分もあるかなと思います。

Blog

ホームページを作成し運営する上でのメリットとデメリット

ホームページを公開すると生じる具体的なメリットについて知りたいと思っていませんか? 逆に所持することによって発生するデメリットについても、理解していないとライバル企業に負ける可能性もあるよな、とも感じていますよね? この …

独断と偏見のチラシウォッチャー

なぜか子どもの頃から朝の朝刊のチラシ(広島県人なので、新聞と言えば中国新聞です)を見るのが好きでした。 スーパーのチラシとかでそのチラシにのってるお菓子が買ってもらえるとか思い込んでて、 一切買ってもらえなかったのがいい …

ホームページ作成がスマートフォンで出来てしまう時代

随分暖かくなりました!お花見とかおでかけとか、どこかへ出かけたくてそわそわしちゃう季節ですね~、そんなこと思いながら結局ずーっとパソコンの前に居続けですが汗 今日も面白いサイトをみつけたので、覚書き… スマホ …

Accordion-Wpプラグインで、楽々アコーディオン作ってみる

ワードプレスのカスタマイズでメニューをアコーディオン形式(メニューを押したらパラって開くやつ)で処理しないといけないってパターンにぶつかってりました。 時代がレスポンシブル対応が当たり前になってからは、こういう条件がつく …

ひたすら面倒なCSSをまとめてくれる記事みつけた

ウェブのデザインのために絶対必要なCSS、一通り基本で絶対つかうやつはまとめておくのがお勧めで、たぶんお勧めされなくても面倒すぎてみんなやってると思います。 それでも「あれどうなんだっけ」とあわててネットを調べてるのが、 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.