ホームページの作成方法

1.ドメインとサーバー

ホームページを作りたいと思ったら、一番最初に必要なのがドメインとサーバーです。
サーバーはホームページとして公開したい内容が入っているお家のような場所で、
ドメインはそのお家の住所もしくは表札と思ってもらうといいと思います。
ホームページ作成には必ず必要で、お家と表札さえ準備してしまえば、
誰にでもすぐに自分のことを知ってもらえるホームページが開設できてしまいます。

ドメインを取得して自分のホームページに表札をつくろう。

インターネットの世界ではたくさんの情報が公開されています。
ヤフーにアクセスしたいと思ったら、まずヤフーって検索して、検索結果を押せば
ヤフーのページにいけると思いますよね。でも本当は検索してリンクを押したとき、
ヤフーの住所にアクセスしています。こちらの画像のこの部分です。

%e3%83%89%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

ドメインの名前は形的に、希望のお名前.〇〇〇って感じになります。よく聞く有名なところは.jpとか.comってところですよね。
インターネットは世界規模で本当にたくさんの住所がひしめき合ってしまって、なるだけシンプルな住所がいいなと思って個人名.jpとか会社名.comってつけたいと思っても、その目的が住所なだけに思った名前はもう付けられてしまって、取得できないことが多いです。そんな問題を解決するために、.netとか.bizとか.xyzなどまだ人が取得していないドメインをとるのがお勧めです。
.〇〇〇の種類によって契約のお値段も変わってきます。一番最初に手続き料金がかかりますが、一度取得してしまえば、1年間の契約で1万円以下での継続が可能です。
2年目からは継続料金のみになります。

ご相談いただければあなたのつけたいお名前でどのドメインで契約するのが最適なのか、ご提案することも可能です。

サーバーを契約してホームページの家を建てよう

ドメインが取得出来たら次はご自分のホームページの家になるサーバーをレンタルします。
サーバーはアパートやマンションを借りるみたいにサーバーサービスの会社でレンタルしてもいいし、
一軒家を構えるみたいに自分の手持ちのパソコンをサーバーにしても大丈夫です。
ただ手持ちのパソコンをサーバーにするのは、かなり手間がかかるのと、セキュリティを維持していくのも全部
自分でしないといけないので、気軽に金額やサービスなどが気に入ったサーバーと契約するのが、一番いいと思います。
レンタルサーバーも無料のところからかなり無理はきくけど結構割高なところなどいろいろあるのですが、
いろいろなレンタルサーバーを比較検討してみても、やはり無料のところはちょっとしたやりたい事もできなかったり、
突然消失してしまったり、かなりリスキーだと感じました。
その一方で、そこそこなお値段なのに結構自由にやりたいことが実現出来たり、無闇に割高なサーバーと契約し続ける必要もなくて
良質なサービスの場所もあるなと思っています。サーバーも1年単位くらいの契約が基本となります。
サーバーと契約して、お家ができたら先ほど取得したドメインで表札をかけて、あなたのホームページを公開する最初の準備が整いました。

ご相談いただければあなたのご希望の料金範囲内で長く使い続けることが可能なサーバーを、ご提案することも可能です。

2.ホームページ本体を作る方法

ホームページのお家が出来たので、早速あなたのホームページをたくさんの人に見て頂きたいですね。
ホームページを作るためには大きく分けて3つの方法があると思います。
まず一つ目に自分でHTMLを勉強してホームページを作ることが出来ます。
HTMLとは、Webページを作る時に使われる、最も基本的なマークアップ言語って言われています。
今はすごくたくさんの書籍やウェブでHTMLを学ぶ方法が出ていて、多少言語を嗜まれてる方など割と簡単に習得できる部類に入るのではと思います。
HTMLがサイトの構造を記載する文章で、それにデザインをつけるCSSが基本のセットになります。
さらに付け加えるとすれば、昨今はレスポンシブル対応が基本となるためjavascriptというプログラムの勉強もちょっと齧っておくと、すんなり理解がはやいのかなと思います。

二つ目にアプリケーションを使ったりウェブサービスを利用してホームページを作ることができます。
アプリケーションで有名なものはホームページビルダーがあると思います。
特別な言語の知識がなくても、テンプレートを土台に感覚的に操作することが可能なので、勉強に費やす時間をショートカットしてすぐにサイト作成に取り組むことも可能です。
ホームページビルダー以外にも同じようなコンセプトのソフトはいくつか存在します。
難点といえば、見た目はとりあえず辻褄があっていても、中身に書かれたコードに整合性がなかったり強引な部分が出来てしまって、SEOなどに弱点が出来てしまうと言うところでしょうか。
ソースコードを直に書いている立場から見させていただくと、ちょっとどうだろうと思う部分はあるのですが、ホームページの勉強を1から始めて習得するには相当な時間と、これが勉強したいっていう熱意がものすごく必要になりますので、とにかく自分でホームページを自作ならこれでいいのかなって思います。
さらに無料のウェブサービスを使って同じようにかなり簡単にホームページを作成することは可能です。
有名なところでwixとか、他にもサービスを提供しているサイトがあります。
ここらへんも用意されたテンプレートを選んで自分の準備した写真や文章をアップロードして作成することが可能です。
実際使用して思った感想としては、用意されたテンプレートは素敵に見えるのにいざ自分が写真をいれてみたり文章をいれてみると思ったより見栄えがよくなかったり、細かいカスタマイズがまるで効かないので
あともう少しだけ文字の行間を空けたいとか欲求不満がちょっとずつ溜まってしまうかなと思いました。それでも無料というところを考えると、よくできているサービスだと思います。

三つ目に無料CMSのサービスを使ってホームページを作ることが出来ます。
やり方としては先ほど書いた無料のウェブサービスと近い感じになります。無料CMSで最も実績と世界的にも使われているのがワードプレスだと思います。
ワードプレスは私も10年以上前から使用し続けているのですが、安定した品質とサービスを常に無料で提供してくれる、優良な運営体制って思います。
CMSってちゃんとした意味的にはデジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称なんだそうですが、なんとなくの区分けなら、ソースコードが読めなくても自分で既存の無料ブログみたいに自分のサイトに記事をどんどん追加できるってイメージで理解していて大丈夫だと思います。ワードプレスはフリーで使えるテンプレートも本当にたくさん選べるし、追加の機能を付けたいときもやはり無料のプラグインでカスタマイズできる選択肢が広いってところが魅力的だと思います。ただまったくソースコードやcssを読めない場合は先ほどと同じくちょっとしたデザインの変更などができない等やはり問題点はでるし、同じような意味でphpがわからないと簡単にやりたいことが実現できないって歯がゆい感じはあると思います。それとワードプレスはデータベースを使用するので、最初のインストールやその後の管理でちょっと難しいなって思う部分もあるかなと思います。