起業すればウェブからの集客も重要ですね。一般的にはホームページ、でもホームページって何? と疑問を持つ方に個人クリエイターがお答えします。広島の拓夢書房。

ホームページ作成を誰に頼むべきか? に対する回答

  • HOME »
  • ホームページ作成を誰に頼むべきか? に対する回答

あなたの事務所の電話が朝から鳴りっぱなしです。ホームページを見た人から商品購入の申し込みです。こんなにも多くの人から支持されるとは思っていませんでしたが、嬉しい悲鳴を上げている場合ではありません。忙しくなる事に間違いないようです、あなたは今後どのような対応をしますか?

私なら新しい従業員を雇います。ホームページの開設とか運営を上手にできるか? この辺りの知識に重点を置いて面接したいと思います。本当に人手が足りなくなった事態を想定して集客を調整することも重要なことだと私は思います。

優秀な企業と駄目企業の見分け方

さて、ホームページの開設と運営を誰に頼むべきか? という問題の解決策です。まず認識してほしいのが「ホームページは自社商品・サービスを広告する」大事な営業マンです。自社商品のメリットをしっかりと説明し、デメリットに関しても予め説明することが大事です。

この点には十分に留意する必要が有り、自社の良い面が目立つように、なおかつ必要な伝達事項が確実に目に留まるようなサイトを作成する業者に依頼しましょう。これを逆に考えると「あなたが依頼を検討しているホームページ作成業者」のホームページは十分な情報が載っているか、確認が必要です。

「自社を依頼すればすべてが上手く行く」と書いてあるような業者は信用できません。あなたが見ているウェブサイトでは「どのようなサービスを提供しているのか」あるいは「どの点に特色を持たせたサービスを展開しているのあ」十分に吟味する必要が有ります。

一般的に多くの企業ではホームページの作成方法、運営方法を知らないのが当然です。知らないから他社に製作を依頼するわけですので恥ずかしいことは有りません。この「分らない事が分らない状況」を十分に認識して対応しているか? という点も見逃せないチェックポイントでしょう。

「どのようなホームページがお望みですか」と聞くような業者は避けるべきです。「分からない事が分らない人」に希望を聞いても説明できないのが普通です。ですので「どのような目的がありますか?」とか「どのようなビジネスを展開していますか?」と聞く業者がお勧めです。

その上で、その目的を達成するためには何が必要になるのか、丁寧な説明をする業者を選びましょう。ちなみに私の場合では有料の「初期コンサルティング方式」を取り入れています。無料だと「あなたが損をする点を説明しない」人の方が圧倒的に多いです。

違う面でも「業者の意向」を判断できる方法があります。あなたが見ている気になる業者が過去にどのような勉強を重ねてきたのか? 聞いてみる方法も面白いでしょう。ホームページを作成する業者は大きく分けて4種類に分別できます。

1、デザインを勉強してホームページ作成業者になった。
2、プログラムを勉強してホームページ作成業者になった。
3、会社に入社すると「ホームページの制作部」に配属された。
4、広告費を稼いでいた人がホームページ作成の依頼を受けるようになった。

一番多いのがデザイナー出身です。様々なデザインを勉強するうちに他の方から制作の依頼を受けるようになり、そのまま業者になったという人達です。デザイン力は素晴らしいものがあり、読者の目線を考えるならデザイナー出身を優先すべきです。

2番目に多いのがプログラミングを勉強していて、ホームページ作成の依頼を受けるようになった人達です。ネットの裏側はご存じないと思いますが、基本的に「プログラムによって稼働」しています。プログラムの発達が無ければネットの世界は有り得なかったのです。

3番目に多いのが「入社後に配属された人たち」です。大手のプロバイダーに多いように感じていますが、大手独自の知識がつぎ込まれていますので、その会社の信用度が高い場合には信用しても問題ないでしょう。ただし制作料金は高くなる傾向があると言えます。

4番目のアフィリエイター出身の人は滅多にいないです。自分のホームページから十分な利益を得るので、他人のホームページを作る必要が無いからです。そしてアフィリエイトで飯を食えなくなった人は何処かに就職しています。ところが私の場合はある失敗を体験してホームページ作成業者に転向しました。

アフィリエイターとは他社の商品を来訪された方に「お勧めして」広告費を稼ぎます。ですのであなたの商品をどのように勧めると効率よく売れるのか、十分な研究を繰り返し体験しています。もちろん失敗もありますが、それらすべてを含めた「経験値」が高いと言えるでしょう。

私の強みは文章表現力です。ウェブサイトを運営する前は「小説作家でもなれないか」みたいに思って創作を始め、ネットの普及とともに同じ意思を持った人たちの集まりがあることを知り、ネットを通じて「小説同人誌」を販売するまでに至りました。

その後、ネットの世界では「アフィリエイト」という概念を基に自分のホームページで他社の商品を紹介し、実際に売れると広告費が頂ける事が分り、アフィリエイターとして活躍していました。「ネットを通じて商品を実際に売る」その為には文章の表現力が必要です。

そしてウェブデザインも重要な要素ですね。幸いなことに私の家内は「広告業界でデザインの仕事」をしています。しかも前の会社が倒産したときに職業訓練で「ウェブサイトの構築方法」を勉強しています。パソコンの操作は確実でデザイン会社の勤務を始める前に学校に入学。

キャドと言う資格の2級を取得支部時に就職が決まりました。その後、デザイン会社に勤務しながらデザイナーとして重要な色彩検定にも合格しています。詳しくはスタッフの自己紹介のページをご覧ください

駄目な業者の見分け方を二通りほど、お伝えします

一つ目は「他社の業者と比較し」いかにも自社の方が優れたサービスを展開していると訴えている業者は駄目です。まず「他の業者」が誰なのか、明示していない。明示していないのにサービス内容の比較をされても「あなたには正確に判断できない情報源」でしかない。

また該当する業者の利点(優れている点)を挙げていない。どんな業者であっても何かの得意な分野は絶対にあるはずで、その点には全く触れずに比較を行っている。非常に卑怯な方法だと私は思うし、そのような業者に限って「あなたが損をする点を」伝えようとしません。

二つ目です、料金で勝負する企業は駄目です。料金以外に売れる技術とか知識がないから、料金で勝負する。そんな人たちが作ったホームページだと「売れないので売れるようにしてくれますか?」と相談したら「料金を下げましょう」と返答されることでしょう。

あなたが提供するサービスはそんなに安物ですか? 私は提供するサービスの値段を下げる事はしません。もちろん客引きの為に「セール」を開催することは有りますが、本当に欲しいのはこの場では言いません。あなたが私のサービスに申し込むと気付かれると思います。

そしてあなたは「私の銀行口座に大金を振り込みたくなる症候群」を発症するでしょう。あなたが持っている財布を本当に札束で膨らませたいと願っているならホームページを上手に活用すべきです。でも解決すべき問題が山積みです。

1、あなたが得意とする分野がネットで通用するのか、分からない。

2、誰に頼めばよいのか、分からない。企業もあれば個人クリエイターもいるし 

3、ホームページを作成する際の適正なる費用(値段)が分らない。

4、ウェブに関わることで生じるメリット・デメリットが分らない。

5、集見込み客は集まる? どんな方法が有るの、有効な集客方法は何?

6、さらに言えば「分らない事が解らない」状態ではないですか?

スタッフ紹介

この人はウェブに関する意見を述べているけど、本当に信用できる? サービス内容は安心できる?そう思われたらプロフィール画面を見てください、クリックorタップ!!

早割り価格なら30000円お得です

予算が少し足りないよ、もう少し安くならないかな、と思われたなら早割プランはいかが? 今なら30000円お得に同じ機能が用意できます。クリックorタップ!!

例の商品を発表します

興味がわいたけど、具体的なサービス価格と内容をチェックしたい。妥当な金額なのか、それとも割高なのか、商品一覧のページをご覧ください。クリックorタップ!!

お申込みページ

個人クリエイターであっても安心できそうなので、この人に依頼してみようかな? と感じたら申し込みのページに移動。クリックorタップ!!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.