私はあなたに「5分間、時間をください」とお願いしましたね、なぜでしょうか? 私が考えたアイデアですが、広告業界では広く知れ渡っている手法です。ホームページが持つ役割の一つに「来訪者と自社商品、サービスの購入に結びつける」があります。

商品の購入に結びつけるためには人間の行動心理を有効に活用することが重要です。見知らぬ人からいきなり「これを買ってください」と言われても躊躇しますよね。最初から買う予定であっても人から言われると拒否感が生まれます。

例えばデパートに行きます。洋服を見ていると間違いなく店員が寄ってきて簡単なあいさつの後に世間話を始めます。いきなり「この服がお勧めですよ」とは言いません。新人さんであればこのような対応をすることもあるでしょうが、老練の店員ともなればテクニックを駆使します。

気が付けば「最初から欲しいと思っていた服」+「店員が進めた服」みたいな感じで買っています。それと同じテクニックが「ホームページにも求められて」います。この際に使う心理テクニックが「相手の同意を常に求める」という方法です。

私はあなたに「5分間、時間をください」とお願いしました。このお願いにあなたは応じて、私の書いた文章を読んでいます。つまりお願いを一つほど承諾してくれたわけですね。相手の意見に同調し次の意見にも同調し…これを繰り返すと反論することが難しくなります。

元々あなたは「洋服」を買いにデパートに来ているわけですから「接客店員の誘導」に気づくことなく、予算よりも高い服を買っている結果になります。これが人間の心理を使った「自社商品(サービス)を相手に納得させる手法」の一つです。

あなたに「このような文章を書いて」とお願いするのは難しいですか? 大丈夫です、あなたの代わりに私が書きますので。それがつまり私が提供している有料サービス「ホームページ作成と運営補助」です。

ところで私は人間の心理を使った手法をもう一つ使ってこの文章を書いています。あなたは今真剣に私の文章を読んでいますので、ひょっとしたら気づかれているかも知れません。もう分っていますよね?