やはり無理するとどこかに歪みが生まれてくるような、そんな気がします。自分の能力に合った作業を進めて、それでお金につながれば良い訳だし。詳細は後日お知らせします。

 話し変って、確定報酬、現在約35万円。今月ぎりぎり40万円越えが期待できそう。リーマンショック以後の不況でアフィリ報酬が大きく落ち込んでいました。ですがなんとかそれ以前の水準に戻せそうな雰囲気です。

 皆様には感謝、感謝です。トラックが壊れました。もちろん明日も必要な訳で、すぐに修理をするのですが、修理が終わるまで待っていないといけない。しかも明日は早出の仕事。最近なぜか本業の方が、ネットの仕事を邪魔をする。

http://www.yyuzukk.com/hp-001th.htm

ホームページの作成を一時期だが中断していた記憶が残っている。この件に関してはその前の段階が解らないと意味が通じにくいので、気になる方は、違うドメイン内の日記にホームページの作成の思い出として書いているので参照して欲しい。要するにパソコンを買ったからホームページでも作ろうか? と考えた時期があったわけだ。

 ところが私みたいな低学歴の人間でも書籍を片手にしながら作業を進めればホームページなんてすぐに出来上がった訳だから、誰でも簡単にHPはできるという理屈に気づいたわけさ。ゆえにわざわざ私みたいな素人に頼まなくても自分自身で作るに違いない。となると当然本業どころか副業にも成り得ない事に成る。

 いま思えば、私は遠回りすることに成ったが、これが大正解の道に進む。ホームページ作成でお金にならないのであれば、違う何かを始めようと考えた私は「小説」を書いてみる事にした。当時の同僚が雑談の中で「文学賞を受賞できれば100万円とか200万円と言う賞金が頂けるんですよ」と言っていた事を思い出したからだ。

 とはいっても小説創作に関しても全くの無学だった私は、文章校正の成り立ちから研究を始めた。と同時に人に読まれる、言い換えれば人が好む文章の書き方があるはずだ。それがつまりプロの作家だから、何かコツがあるはずだ。そう考えて小説を書いていた。当然その時にはホームページを作成する仕事なんて頭から離れていたが、その後この道に進んだことが大正解だったことに気づく。