集客力を増やすことは重要な経営手段だと思います。これはどんな業界であっても「集客をしないでもよい」という方はいないでしょう。そこで私なりの集客方法をブログ形式で述べますが、あなたの業界に合わせてアイデアを進化させてください。

今回は「うどん屋を経営している」と仮定した「売り上げを伸ばすアイデア」です。

質問、あなたのお店では「上天婦羅うどん」にクルマエビを使い、700円で販売しています。もう少し売り上げを伸ばしたいので400円で売っている「炊き込みご飯」をセットにして1000円で売ることにしました。これで客単価が高くなる、と思いましたが、このセットが思うほど売れません。

あなたなら次の一手にどんなアイデアを出しますか?

炊き込みご飯の価格を下げて、セット価格の値段も下げてみる。炊き込みご飯を300円ぐらいに、セット価格を900円ぐらいに下げてお客の反応を見てみてみる? あるいは上天ぷらうどんの値段を600円ぐらいに下げてセット価格を900円に設定する。

チラシを打つ、せっかく考えてセット価格にしたのだから、新聞などのチラシを利用してお客にアピールする。来店したお客にもポップを利用して目立つようにする。店員にも接客の際に一言「いかがですか?」と声をかけるように指示を出す。

いずれの方法も一般的によく見かける手法で、それなりに効果があると言えます。ですが値段を下げる事は売り上げを下げるのと同じ意味です、セット価格にして売り上げ増を狙った意味が薄れるでしょう。

チラシを打つという方法も多くの飲食店が採用する方法ですが、小規模な添付ではチラシを作成するだけの資本が無いと言えますし、チラシで効果が発揮できるのか疑問が残ります。ポップはそれなりに期待できるでしょう。ただ誰が作るのか? 疑問です。

私なら上天婦羅うどんを1000円に設定します。来店客が一見すると「ちょっと割高な印象」を受けるかも知れませんが、炊き込みご飯とセットで1000円なら「こっちの方がお得」と感じて注文する人が増えるでしょう。

実はこの方法は「おとり作戦」などと呼ばれて広告業界では広く認知された手法です。本来「売りたい商品」をより大量に売り手法として「上天婦羅うどん」の売り上げを下げてでも「セット商品」を売るときに使う商法です。