起業すればウェブからの集客も重要ですね。一般的にはホームページ、でもホームページって何? と疑問を持つ方に個人クリエイターがお答えします。広島の拓夢書房。

個人クリエイターと企業の違いの研究です。

  • HOME »
  • 個人クリエイターと企業の違いの研究です。

ライバル企業が儲けている以上「あなたに損をさせる」事は絶対に出来ません。この気持ちの本音を、今この文章を読まれている「あなた」だけに特別にお伝えします。読まない人は損をするという話です。私が最後に「あなたに伝えたい」と思う不思議な話しでもあります。

ここまで読まれているあなたの本音は「儲かるホームページが欲しい」「ライバルよりも損をしたくない」ですよね。ここで問題になるのが誰に頼むか? という最終決着点です。そこで「ホームページ作成会社」と「私という個人クリエイター」の2者で比較してみましょう。

1、信用度は間違いなく「株式会社」として運営している企業の方が上です。

1、デザイン性、こちらも残念ながら企業に依頼した方が(家内もそれなりに仕上げてはいますが)奇麗に仕上がるでしょう。

1、依頼した内容に忠実なホームページを作れるか? 情けないことですが、企業に依頼した方が忠実に仕上げることが出来ます。

1、実績は? 私がこれまでに請け負った事例はたったの一件です。下請けとして作成したのは20件程度、多分企業の方が多いでしょう。

1、受けられるサービス内容は…企業は「務めている人が多い」ので様々なサービスに対応しています。私は限定的です。

正直な話し、どの面を見ても企業に依頼した方が得策だと思います。ところが絶対的な違いが一つだけあります。それは「誰のためにホームページを作るのか?」という概念です。「お客様のために製作する」というのは建前です、本音を考えてみましょう。

企業に勤務しているサラリーマンは勤務している会社の為にホームページを作ります。会社の上司が喜ぶ、これが一番の目的です。本音を推測すれば「お客が儲かっても儲からなくても自社の売り上げが確保できればそれで問題ない」と考えているかも知れません。

一方私は、私が儲かる為にあなたのホームページを作ります。そしてあなたが満足し「あなたが財布から札束を取り出し」そのお金を「私の口座に喜んで振り込むよう」作業を続けなければなりません。

あなたは毎月、喜んで料金を私に支払います。なぜあなたは進んで私にお金を払いたくなるのか? 私が作成したホームページで「私に支払うよりも多額の資金があなたの財布に転がり込んでくる」からです。もっとも最初から儲かる訳ではなく失敗する可能性もありますが。

一番大事なことは担当者がどのように考えているか? という問題ですね。そして担当者と気が合うか? これも重要な問題です。さっそく私が担当者としてふさわしいか、電話してみてください。あなたが喜んで私に料金を支払うよう私は最大限の努力を惜しみません。

電話は平日19:30~21:30の受付です。それ以外の時間は「ただいまセール受付中」のバナーが出ていないか、確認してください。出ている時は待機中です。番号は「080-3898-9855」間違わないようにお願いしますね。

スタッフ紹介

この人はウェブに関する意見を述べているけど、本当に信用できる? サービス内容は安心できる?そう思われたらプロフィール画面を見てください、クリックorタップ!!

早割り価格なら30000円お得です

予算が少し足りないよ、もう少し安くならないかな、と思われたなら早割プランはいかが? 今なら30000円お得に同じ機能が用意できます。クリックorタップ!!

例の商品を発表します

興味がわいたけど、具体的なサービス価格と内容をチェックしたい。妥当な金額なのか、それとも割高なのか、商品一覧のページをご覧ください。クリックorタップ!!

お申込みページ

個人クリエイターであっても安心できそうなので、この人に依頼してみようかな? と感じたら申し込みのページに移動。クリックorタップ!!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.