ホームページ作成は基本と成る知識が必要、というか生命線です。例えば自前のウェブサイトが欲しい、ブラッシュアップがしたい…なんて思っても知識が無ければ「作成方法が解らない」「更新が出来ない…」となります。どの分野も同じで知識の習得が重要ですね、そこで広島のクリエイターが独自の情報を発信中です。

広島のホームページ作成業者
ホームページの作成にはプログラム言語HTML(HyperText Markup Language)とCSS(Cascading Style Sheets)に関する知識、さらにデザインの基本を習得する必要があります。これらを習得するには時間と費用が必要と成りますから、専門家に頼むという方法もお勧めします。広島に在住の方は個人クリエイターの活用を検討してください。

ホームページの作成を専門業者に依頼するとします。最初に考える事は「どの業者に頼むと良いのか」と言う点でしょう、そして多くの方は「料金」を一番に気にします。同じ品質なら出来るだけ安い方がお得だと思います。次に考える事は「同じ品質をどの点で比較すれば良いのか、良く解らない」という点でしょう。

例えばA業者とB業者をホームページ作成業者の候補として挙げたとします。両者を比較する方法にはどんな種類があるでしょうか。また両社が作成するホームページの品質はどのように判断すべきでしょうか? 実はここが重要なポイントですが、品質抜きに料金を比較する人が多いように感じます。

A業者は初期費用が100,000円、一方B業者は200,000円…ならばA業者の方が安いからこちらに依頼しよう。確かに見た目はA業者の方がお得ですね、ですが裏側から見ると大きな違いがあります。それは毎月の管理料金です、業者の立場から言えることですが、毎月一定の収入が見込めれば初期費用を抑える場合があります。

例えばA業者は毎月の管理費用が10000円、一方のB業者は毎月3000円…一年間の費用をトータルしたら、A業者は220,000円、B業者は236,000円。どちらもそれほど開きが無い事に気付かれるでしょう。この様に一概に「安いから」と飛びつくと本当は安くなかったという場合が多いのです。

これを逆に言えばホームページ作成業者の運営方針とも言えます。安い方がお得、という感情を逆手に取った立派な商売です。違法でもなんでもない通常のビジネスですから勘違いされないようにお願いします。料金も結局それほど違いはありませんから。

さてここで気になるのが一般的なホームページ作成に対する料金だと思います。ですが、定価はありません。例えば車を例に挙げれば、軽自動車なら80万円程度~購入できますが、高級車とされるクラウンは610万円もします。同じ移動手段と考えた時でさえ、これほどの差があります。

これと理屈は同じでホームページの作成料金には定価が有りません。一般的には業者との話し合いにより決まります。ですがこの場合の注意点として、多くの場合、ホームページ作成に関する知識が無いから業者に頼む訳です。これらの理由があり、つい業者の言い分をそのまま鵜呑みにしがちです。

さて話を少し変えて、ホームページ業者の業態について簡単に説明しましょう。ホームページの作成業務を受諾する業者には大きく分けて2種類あります。一つは会社組織として営業している企業、もう一つが私の様にクリエイターとして活動をしている個人で、解りやすい表現を使えば、SOHOと呼ばれている人間です。